甘酒

発酵あんこには蒸しあずきがおすすめ!味の濃い発酵あんこを作る方法

最近、蒸し豆パックがスーパーなどで並ぶようになりました

この蒸し豆パック、実は発酵好きにとって最高のアイテムです

今回は蒸しあずきを使って簡単にできる発酵あんこの作り方をご紹介します

こんな方におすすめの記事…

  • 発酵あんこに興味がある
  • まずは蒸しあずきで手軽に作ってみたい
  • 蒸し豆パックを使った時短テクを知りたい

▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼

発酵あんこって?

発酵あんこのイメージ

米麹とあずきだけで作るあんこ

発酵あんことは、米麹とあずきだけで作るあんこのことです

米麹の糖化力を利用するので、砂糖を使わずに甘さを引き出します

ふくよかなのにしつこくない甘さ

通常、砂糖(上白糖)は90%以上がスクロース(ショ糖)なのでストレートな甘さですが、

麹の作る糖類は10数種類あり、ふくよかな甘さが特徴

それでもしつこくなく、とても食べやすいあんこに仕上がります

砂糖の代わりに甘酒を使う理由は?甘酒の賢い使い方を解説 砂糖の代わりに甘酒を使う人が増えています そしてこのブログのこの記事をご覧の方にとっても興味あることでしょう ところで、砂...

蒸し豆パックを使う理由

あずきのイメージ

まず、めちゃめちゃ便利

控えめに言って、蒸し豆パックは最高です

基本的に火を使わず、加熱にはレンジでチンするだけでOK

今回は蒸しあずきですが、蒸し大豆を使えば味噌を仕込むこともできます

水に浸ける、蒸す手間が省けるので、なんと20時間以上の時短が可能です

蒸し大豆で大幅な時短+初心者にオススメ。火を使わない味噌の作り方 ▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼ 基本的に、味噌の仕込みは家族や友人などと複数人でやるのをオススメ...

水煮じゃダメ?

蒸しあずきじゃないといけないの?

茹であずきの缶とかもあるよね?

たしかに、大豆の水煮缶なんかは昔からありましたし、もちろん使えます

でも、私個人的には蒸し豆パックがおすすめです

蒸しあずきを使うメリットは以下の通り▼▼▼

蒸しあずきを使うメリット…

  • あずきの味が濃い
  • あんこの固さを調節しやすい

あずきの味が濃い

蒸しあずきを使った発酵あんこ

茹でると茹で汁にあずきの味がどうしても逃げてしまいますが、蒸すことであずきの味が逃げず、味と香りが濃いあんこに仕上がります

あんこの固さを調節しやすい

また、茹であずきは蒸したのに比べると水分量が多く、やわらかいあんこになりがち

なので水分量の少ない蒸しあずきのほうが固さを調節しやすいメリットもあるので便利です

スタコジ

麹や蒸しあずきの種類によってはゆるめの仕上がりになることも。

その場合は水を少し減らして調整してみてください。

注意点

注意点として、蒸しあずきには少量の砂糖や水あめが使われていることがあります

そのため、厳密に砂糖を避けたい方は注意が必要です

蒸しあずきの原材料名

おいしい蒸し豆 ほの甘蒸しあずき 詳細情報

引用元:マルヤナギ公式ページより

発酵あんこの作り方

発酵あんこの作り方

※写真の蒸しあずきとリンクの商品が異なりますが、だいずデイズはマルヤナギのグループ会社です。2022年5月現在、“マルヤナギ ほの甘蒸し小豆”のネット取り扱いが確認できず、代替としてだいずデイズの商品を紹介させて頂きます。ご了承ください。

発酵あんこ 材料
  • 蒸しあずき 200g
  • 米麹(生麹) 140g ※乾燥麹なら100g
  • (60℃くらいに温めた)水 100cc ※乾燥麹ならプラス40cc

・ボウルに空けた蒸しあずきに軽くラップをかけて、レンジでチンして温める

・60℃以下まで冷ましつつ、好みの粒感になるまで混ぜながら潰す

スタコジ

粒感を残したい方は粗め、なめらかにしたい方は細かく潰しましょう

・材料をすべて混ぜ、ヨーグルトメーカーで55℃~60℃で保温

ヨーグルトメーカーで保温

・8時間経てば完成

発酵あんこのアップ
スタコジ

麹が入ってるので白い部分もありますが、

食べてみるとしっかりあんこになってます!

ちょっとひと工夫:発酵あんこのトラ焼き

発酵あんこのトラ焼き:3~4人前

・薄力粉 70g
・ベーキングパウダー 5g

A
・卵 1個
・甘酒(濃縮タイプ) 大さじ3
・はちみつ 大さじ1
・豆乳 大さじ1

・Aをよく混ぜたところに薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかけて入れ、よく混ぜる

・冷蔵庫で生地を30分休ませる

・弱火で熱したフライパンにうすく油を敷き、生地を大さじ1杯ずつすくって焼く

・お好みの量の発酵あんこを挟めば完成

発酵あんこのトラ焼き
スタコジ

私自身あまり甘いものは得意でないのですが、麹の甘さって後に残らない甘さなので食べやすいと感じます

以上が蒸しあずきを使った発酵あんこの作り方でした

蒸しあずきを使うメリット…

  • 火を使わず、レンジで温めるだけ
  • あずきを茹でる・蒸す手間が省ける
  • 茹であずきよりも香りと味が濃いあんこが作れる

とても手軽に作れるので、ぜひお試しください!

ネットで麹を買うなら?甘酒や味噌におすすめの麹6選!麹の向き・不向きについても解説 日本の発酵食にとって切っても切れない関係にあるのが麹です でも、麹そのものに触ったことがない人も多いと思います もうちょっ...
砂糖を甘酒で代用するには?砂糖やみりんの代用と分量について 甘酒は砂糖の代用に使えます。 https://jitakuseigiku.com/amazake-tukurikata/...

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです

スタコジ

シェアやコメントもらえると更新の励みになります!

ツイッターやインスタでも日々の出来事やお役立ち情報を発信してますので、ぜひフォローお願いいたします▼▼▼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA