味噌

味噌の仕込みにはジップロック?場所を取らずに天地返しも楽にする方法

自家製味噌にはジップロックが便利です。

ジップロック 袋 業務用 ダブルジッパー フリーザーバッグ Lサイズ 72枚入

自家製の味噌って桶や壺に仕込むイメージがありますが、

自家消費用には大きすぎたり、場所を取るのが難点ですよね。

比べてジップロックで仕込むと、

  • 中身が見える
  • 少量仕込みに最適
  • 場所をとらない
  • 天地返しが簡単

というメリットが生まれます。

この記事ではより手軽に自家製味噌を仕込む工夫として、ジップロックを使った味噌の作り方を紹介します。

自家製味噌の食べごろは?天地返しはいつ?自家製味噌の封切りのタイミング "味噌炊きは苗代具合" という言葉があります。 苗代(なわしろ・なえしろ)とは稲の苗を育てる場所のことで、稲の育苗が盛んな...

▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼

スタコジ

自宅製麹員(じたくせいぎくいん@jitakuseigikuin)と申します。

自家用味噌を仕込み始めて10年以上。

麹を中心にした発酵食を紹介している麹ブロガーです。

ジップロックのメリット

ジップロックを使った味噌作り

中身が見える

ジップロック最大のメリットは中身が見えることです。

桶だと開けてみるまでカビが生えてるかどうかわかりませんが、透明なビニール袋ならすぐに分かります。

味噌全体がカビにやられてしまう前の早期段階で対応ができるのは開け閉めも簡単なジップロックならではです。

ガスが溜まる場合もある

味噌にガスがたまった所

写真は黒麹味噌

発酵によってうっすらとガスの層ができています。

このように、発酵によるガスがたまってくることもありますが、少しだけ封を空けて空気を抜けばOKです。

少量仕込みに最適

以前の記事で蒸し大豆を使った味噌の作り方を紹介しました。

【参考記事】蒸し大豆で大幅な時短+初心者にオススメ。火を使わない味噌の作り方

記事内でミックスビーンズ黒豆を使った味噌も紹介していますが、

これらを仕込んだとしてもせいぜい800g~1000gくらい。

これくらいの量だとジップロックがちょうどいいサイズです。

ナッツ味噌

試作にちょうどいい

ちょっとお試しに作るのにも便利なので、私も黒麹味噌ナッツ味噌などの試作味噌はジップロックを使って、日々経過観察を楽しみながら活用しています。

ナッツ味噌のアップ
ナッツで作る味噌の味は?カシューナッツを使った味噌にチャレンジ ▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼ スタコジ スタコジ(@jitakuseigikuin)と申します。 普段は...

場所をとらない

桶や壺だとどうしても場所をとりますが、

ジップロックならキッチンや冷暗所の隅に置けるので収納性があります。

スタンディングタイプ(マチ付きタイプ)であれば立てて収納も可能なので、

収納スペースに合わせて袋を選べるのもメリットのひとつです。

天地返しが簡単

天地返しとは、味噌の発酵・熟成を均一にするため、一度味噌を掘り起こして全体を混ぜなおす作業です。

この天地返しは仕込みが大きければ大きいほど労力がかかるものですが、

ジップロックなら袋の外から揉みこむように混ぜればいいので簡単です。

【参考記事】自家製味噌の食べごろは?天地返しはいつ?自家製味噌の封切りのタイミング

ジップロックを使った味噌の作り方

作り方は普通のと一緒

作り方は普通の味噌と同じで、仕込み桶の代わりにジップロックを使います。

【参考記事】カビには酒粕が有効?初めてでも失敗しない味噌の作り方は?

空気をしっかり抜く

空気をしっかり抜いて保存

袋の端に空気が残らないように詰めていき、しっかり空気を抜きます。

袋に余りが出る場合はアルコール(またはホワイトリカー)で拭いて清潔にしておきます。

水を張った鍋に浸けて空気を抜く

ジップロックの口を少しだけ開けたまま、水を張った鍋に袋を入れてしっかり空気を抜きます。

チャックに水や味噌のかけらが残らないように注意しましょう。

スタコジ

これでOKです。

液漏れ防止のため、念のためビニール袋に入れて保管するのをおすすめします。

月に1度チェック

仕込んだあとは1ヵ月に1度くらいの頻度でたまに様子を見てみましょう。

ガスで膨らんでたらガスを抜き、カビが出ていたら取り除いてあげます。

様子見+手入れが簡単にできるのも大きなメリットです。

まとめ

最後にジップロックを使った味噌作りのメリットをおさらいします。

ジップロックのメリット…

  1. 中身が見える
  2. 少量仕込みに最適
  3. 場所をとらない
  4. 天地返しが簡単

もしも味噌を1年分いっぺんに仕込む場合には桶や壺の方が使いやすいですが、

一人分やちょっとお試しに味噌を作る場合にはこのような方法をやってみるのも便利です。

皆さんが気軽に発酵食を楽しむヒントにこの記事がなれば嬉しいです。

味噌に関連する記事はこちらもどうぞ▼▼▼▼▼▼

麹はどこで買える?乾燥麹と生麹って?麹の入手方法4選 塩麹や自家製味噌などはちょっと手間がかかって難しそうですが、 清潔にだけ注意すれば意外と簡単かつ手軽にできてしまいます。 ...
味噌にオススメの大豆品種6選【甘味型・うま味型・バランス型】 この記事の内容… 使用する大豆の品種で味噌の味は大きく変わります味噌の味は、大豆に含まれる炭水化物(糖質)・たんぱく質...
麹の酵素が増える理由は?味噌や醤油麹の旨味を増やす小ワザ「三日麹」って? 今回は自作麹の小ワザ「三日麹(みっかこうじ)」を紹介します。 三日麹とは何かと簡単に言いますと、通常丸2日間かけて育てる麹を、さ...
自家製味噌や漬物には精製塩?天然塩?味噌に使う塩の選び方 発酵食では塩を多用します。 味噌に限らず醤油、塩麹にぬか漬け…これらは安全に発酵が進むよう塩の殺菌作用を利用しているためです。 ...
普通の味噌との違いは?玄米味噌の作り方とメリット3選 この記事の結論… 玄米味噌とは玄米麹で仕込んだ味噌のこと通常の米味噌よりも栄養価・うま味が増加玄米味噌の作り方とメリッ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA