手前味噌

普通の味噌との違いは?玄米味噌の作り方と特徴3選

この記事の結論…

  • 米麹のかわりに玄米麹で仕込んだ味噌が玄米味噌です
  • 通常の米味噌よりも栄養価・うま味が増加します
  • 仕込み方は米麹のかわりに玄米麹を使うだけ
  • まずは市販品を試したい方には海の精・玄米味噌がオススメです

近年の健康志向で、玄米食や味噌などの麹食品がふたたび注目されつつあります。

当ブログをご覧の方々もきっと、玄米や発酵食に興味があってお読みいただけてるものと思います。

が、とはいえ普通のスーパーで玄米麹や玄米味噌が簡単に手に入るかというとそこまでではありません。

そこでこの記事では、玄米麹を使った玄米味噌の特徴3選と、玄米味噌の作り方について解説いたします。

興味はあるけど、自分で作るのは少しハードルが高いという方にも、私が実際に食べてオススメの玄米味噌を紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼

スタコジ

スタコジ(@jitakuseigikuin)と申します。

普段は造り酒屋で蔵人として10年以上働く発酵のプロ。

同時に自家製味噌や麹について発信している麹ブロガーです。

自身もゆる~く玄米食を始めて7年ほど経ちます。

普通の味噌との違い

味噌は通常、大豆と塩と米麹・麦麹・豆麹のいずれかを使って仕込みます。

麹の種類出来あがる味噌特徴
米麹米味噌一般的な味噌・米麹を多く仕込むと白味噌
麦麹麦味噌さっぱりとした淡い色・九州味噌
豆麹赤味噌濃い褐色・コクとうま味が強い

一般的な味噌は米麹が使われ、米麹の原料は白米です。

これを玄米麹で仕込んだ味噌が玄米味噌と呼ばれます。

特徴としては米味噌よりも濃い褐色になり、深いコクが特徴です。

玄米味噌の特徴3選

玄米味噌の特徴は以下の3つです。

玄米味噌の特徴3選…

  • うま味が増す
  • 栄養価が増す
  • 抗酸化作用が増す

以下で詳しく紹介いたします。

うま味が増す

玄米は外側からロウ層・ぬか層・亜湖粉層という薄皮に覆われていて、ぬか層には脂質やミネラル・鉄分といった栄養素、亜湖粉層にはうま味が多く含まれます。

(詳しくはこちらの記事もご参考ください▼▼▼)

フィチン酸は危険?柔らかく炊くならロウカットや発芽米?玄米を柔らかく炊くコツを解説 玄米をおいしく炊くコツは3つ 玄米を白米と同じ感覚で炊飯すると、どうしても玄米の食べづらい部分がでてきます。 ...

そのため玄米は白米と比べて栄養素だけでなくうま味も豊富で、うま味がそのまま玄米味噌に反映されます。

また、玄米に多く含まれるミネラル・鉄分もうま味に大きく関係していて、

ミネラルは塩味のほかに苦味・えぐみの要素になりますが、適量であれば味に複雑味が出て、うま味をさらに強く感じさせる特徴があります

栄養価が高まる

上でも紹介した玄米のぬか層・亜湖粉層にはミネラルのほかに、食物繊維・ビタミンB1・B6といった栄養素も多く含まれます。

ビタミンは補酵素と呼ばれ、糖やタンパク質の分解・吸収を助ける重要な栄養素です。

特にビタミンB6は大豆に含まれるトリプトファンと反応して、セロトニンという精神安定物質になることが分かっています。

(玄米のさらに詳しい栄養素と反応についてはこちらもご参考ください▼▼▼)

玄米の欠点を補うには?レーダーチャートで見えてくる玄米食の食べ合わせのコツ【結論:少しの野菜と肉・魚でOK】 この記事の結論… 玄米はビタミンやミネラルが豊富な食材しかし、完璧な食材なんてあるはずはなく、玄米でも補いきれない栄養素がいく...
酵素玄米の酵素って?食中毒の心配は?酵素玄米のギモンを徹底解説! こんな方におすすめの記事… 酵素玄米に興味があるでも、酵素ってなにかよく分からないなんだか怪しくて手が出せない この...

抗酸化作用が増す

玄米にはフェルラ酸というポリフェノールの一種が含まれ、ポリフェノール同様に抗酸化作用があるのですが、麹菌が繁殖することによって抗酸化作用が更に高まることが解明されています。

面白いことに、麹菌の種類で抗酸化作用は異なり、最も抗酸化作用が高まるのが黒麹であるとのことです。

白米麹との違いは?玄米麹の特徴と作り方【コツはミキサーで30秒】 通常よく見る米麹は精米済みの精白米で作られ、白くフワフワとしたものが一般的ですが、 精米前の玄米が原料の玄米麹もあります...
一般的な黄麹との違いは?初めて黒麹を作ってみた話 こんにちわ。スタコジ(@jitakuseigikuin)です。 2021年5月から数麹屋三左衛門さんから黒麹の種麹が発売されまし...

玄米味噌の作り方

玄米味噌の仕込み方は、通常の味噌とまったく一緒です。

カビには酒粕が有効?初めてでも失敗しない味噌の作り方は? 味噌のカビ対策には酒粕が有効です柔らかくした酒粕で1cm程度のフタをするとカビ除けになります完成後は酒粕にひしおが染みて、粕漬けや粕...
蒸し大豆で大幅な時短+初心者にオススメ。火を使わない味噌の作り方 こんにちわ。 スタコジと申します。 基本的に私は、味噌の仕込みは家族や友人などと複数人でやるのをオススメしています...

米麹のかわりに使う麹を玄米麹に変えるだけ、配合を変える必要もありません。

現状、玄米麹はどこのスーパーでも手に入るほどではありませんが、

ネット通販を使えば簡単に入手可能です。

玄米は白米に比べて水を吸いづらく、製造に手間がかかるので買い求めづらいのですが、そのぶん原料にこだわったものも多いのが特徴です。

玄米麹のメリット・デメリット…

  • 玄米麹は、普通の麹よりは入手しづらい
  • 麹に加工しづらい分、産地や栽培法にこだわりある麹が多い
  • 近年ではネット通販で入手しやくすくなった

玄米味噌を試すには?

興味はあるけど手作りはハードルが高いという方には、市販品でまず試してみるのがオススメです。

海の精・玄米味噌は発売されてから20年以上のロングセラー商品で、特別栽培の国産大豆・伝統製法の海塩・1年以上の長期熟成とこだわりが詰まったオススメの玄米味噌です。

ただし非加熱処理の味噌のため、常温では発酵が進みすぎてしまうことがあるので、冷蔵保存が推奨されています。

海の精 玄米味噌のメリット・デメリット…

  • 20年以上のロングセラー商品
  • 特別栽培の国産大豆・国産玄米・海塩・天然水と原料にこだわりがある
  • 1年以上の熟成でまろやかな味わい
  • 非加熱処理なので冷蔵保存が必要

私も何回も食べていますがコクがあり、うま味のあるおいしいお味噌です。

試してみて気に入っていただければぜひ手作り味噌にも挑戦してみてください。

ちょっと玄米のクセがあるな、と気になるのであれば、米麹とブレンドして仕込むのもいいでしょう。

栄養価も高く味わい深い玄米味噌ですので、この記事が興味を持ってもらうきっかけになれたら嬉しいです。

自家製味噌や漬物には精製塩?天然塩?味噌に使う塩の選び方 発酵食では塩を多用します。 味噌に限らず醤油、塩麹にぬか漬け…これらは安全に発酵が進むよう塩の殺菌作用を利用しているためです。 ...
味噌にオススメの大豆品種6選【甘味型・うま味型・バランス型】 この記事の内容… 使用する大豆の品種で味噌の味は大きく変わります味噌の味は、大豆に含まれる炭水化物(糖質)・たんぱく質...
自家製味噌の食べごろは?天地返しはいつ?自家製味噌の封切りのタイミング "味噌炊きは苗代具合" という言葉があります。 苗代(なわしろ・なえしろ)とは稲の苗を育てる場所のことで、稲の育苗が盛んな...
味噌の仕込みにはジップロック?場所を取らずに天地返しも楽にする方法 自家製味噌にはジップロックが便利です。 自家製の味噌って桶や壺に仕込むイメージがありますが、 自家消費用に...