砂糖の代わりに甘酒

卵・乳・砂糖不使用。全粒粉と甘酒のシンプルスコーン

こんにちわ。製麹員です。

今回は甘酒で作るプレーンスコーンです。

下の子が卵・乳アレルギーなので、卵と牛乳は不使用で作ります。

全粒粉も少し入れて素朴な感じもあるので朝食にも適してます。

甘酒と全粒粉の組み合わせがこう、飽きの来ない落ち着く味になるので好きです。

そのままでもいいし、ジャムかハチミツをかけてもおいしいです( ^ω^ )

材料:3~4人前

A

  • 甘酒 60g
  • 豆乳 50cc
  • 塩麹 小さじ1/2

B

  • 太白ごま油(なたね油でもOK) 50g
  • 薄力粉 160g
  • 全粒粉 45g
  • ベーキングパウダー 小さじ1と1/2

打ち粉 薄力粉 適量

粉を振るう→油を混ぜる→Aを混ぜる

Bの薄力粉・全粒粉・ベーキングパウダーを全て振るいにかけ、太白ごま油を混ぜてサラサラの状態にします。

太白ごま油はごまを焙煎せずに絞るのが特徴のごま油です。

そのため通常のごま油よりも透明でクセがないのが特徴で、揚げ油やお菓子にも適してます。

サラサラの粉にAを全て入れ、切るようにまぜつつひとまとまりにします。

生地を切る→重ねる×5セット(やりすぎ注意!)

まとまったら打ち粉を敷いた台に乗せ、カードで半分に分けます。

2つに分けた生地を重ねて、手で押しつぶす。これを5回繰り返します

やりすぎるとグルテンが出て必要以上に膨れてしまい、焼き上がりの形が悪くなります。

手か麺棒で生地を1cm程度の厚さに伸ばしたら、端を切り落として形を整えます。

切り落とした生地は丸めて焼いてしまいます。

いい機会なので、比較で切り端を更に5回こねて、焼き上がりの違いを見てみます。

形を整えた方の記事は約3×3cm角に切り分けます。

(ここの写真だけ撮れてなかったので後日取り直しました。そのため焼き上がりとは形や個数が少し異なります。)

オーブン200℃で15分 → 180℃で5~10分

クッキングシートを敷いた天板に生地を並べて、

200℃に温めたオーブンで15分、更に180℃で5~10分焼き上げて完成です。

右下の二つが切れ端を更にこねたものです。

膨らんで形が崩れてるのがわかりますね。

味に問題はありませんのでご安心下さい。

以上が基本の甘酒スコーンの作り方でした。

これを基本に色んなアレンジを加えていきたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました٩( ”ω” )و

ではまた。

九鬼産業 九鬼太白純正胡麻油 1600g 缶 大容量 業務用