ひしお

XO醤のXOとは?ひしおと干し海老で作る自家製XO醤

こんにちわ。製麹員です。

今回はひしおを使って中華調味料のXO醤を作ります。

あまり使い慣れない調味料かもしれませんが、実は加熱せずそのままディップなどに使える便利調味料です。

チャーハンや炒め物にはもちろん、ちょっとしたおつまみに使えて便利なのでぜひ参考にしてみて下さい。

ひしおの作り方はこちらをどうぞ。

味噌と醤油の原点? ひしおの作り方と使い方 こんにちわ。製麹員です。 今回は味噌と醤油の原点と言われているひしおを作ってみます。 あまり見慣れない調味料ひしおですが、...

ひしおがなければ、同分量の醤油麹か塩麹でも代用可能です。

塩麹で作るとよりあっさりに仕上がって、エビ醤っていう感じでそれはそれで美味しいですよ( ^ω^ )

XOの名前の由来 XOとは?

XO醤の「XO」とはブランデーが由来とされています。

XOとはExtra oldの略称で、ブランデーの最上級位の格付けになります。

(細かく言うとHors d’âge(オール・ダージュ)、Heritage(ヘリテージ)などもありますが、ここでは割愛します。)

つまり、調味料の最高級位のものであるという意味でXOという形容がされました

なので実はXO醤にはブランデーは入っておらず、材料は干し海老や干し貝柱等の乾物と玉ねぎ・ニンニクなどの辛味野菜です。

材料:小瓶1本分
  • ごま油 大さじ4

A

  • 干し海老 20g
  • 日本酒 80cc

B

  • ひしお 大さじ2と1/2
  • きび砂糖 小さじ2
  • 唐辛子 1本(輪切り)

C

  • 玉ねぎ 1/2玉(100g)
  • にんにく 30g
  • しょうが 20g

干し海老を日本酒で一晩漬ける

Aの干し海老を日本酒に漬けて一晩冷蔵庫で戻します。

※写真は2倍量で仕込んでます。

戻すことで干し海老の香りや旨味が醤に出やすくなります。

材料をみじん切りにして炒める

Cの玉ねぎ・にんにく・しょうがをみじん切りにします。

熱したフライパンにごま油を敷き、Cのみじん切り辛味野菜をしんなりするまで中火で炒めます。

しんなり柔らかくなったらAの戻した干し海老とBの調味料を入れて、中火で炒めます。

中火で時々焦げないようにかき混ぜて、20~30分ほど炒めて水分を飛ばします。

段々と色が濃くなってきて、水分がある程度飛んだら完成です。

オススメは簡単マヨディップ

荒熱が取れたら清潔な瓶に移します。

冷蔵庫で1ヶ月程度で使い切ります。

中華や炒め物にもおいしく使えますが、簡単でオススメしたいのがちくわとマヨディップです。

ちくわを切ってマヨとXO醤を添えます。

あればキュウリ詰めれば尚良しです。

これだけで一品完成です。

調理と晩酌の参考になれば嬉しいです。

ではまた。