砂糖の代わりに甘酒

卵・乳不使用。甘酒とドライフルーツのパウンドケーキ

こんにちわ。製麹員です。

私には卵と乳アレルギーの子供がおり、食事やおやつにどうしても制約があります。

料理は元々好きだったので全く問題無かったのですが、いかんせん酒飲みな私にお菓子作りの経験が無かったので、お菓子を作るのになんとなく苦手意識がありました。

なのでおやつは大体アレルギー対応のお菓子を購入してたのですが、当ブログを始めたのをきっかけに左党の管理人が卵・乳不使用で甘酒を使ったお菓子作りにチャレンジしようと思い立ったシリーズです。

お菓子を作る上で参考にされて頂いてるのがこちらの2冊。

両書共、初心者にもわかりやすく解説しておられます。

また、お菓子作りの経験豊富な私の奥さんにもあれこれご教授頂いてお菓子と記事を作成しております。

不慣れなお菓子作りですが、温かい目で見てもらえたら幸いです<(_ _)>

前置きが長くなりました。

今回は麹甘酒でパウンドケーキを作ります。

卵・乳不使用ですのでアレルギーがある方も安心して食べられます。

また、麹の甘酒自体に十分な甘さと優しいコクがあるので、砂糖も必要ありません。

麹甘酒と塩麹の作り方はこちらを参考にしてみて下さい。

https://jitakuseigiku.com/amazake/
塩麹のつくり方 こんにちわ。製麹員です。 当ブログの基本調味料である、塩麹のつくり方を紹介します。 特に難しい材料や手順もないので、意外と...

もちろん市販の甘酒・塩麹を使っても大丈夫です。

(その場合甘酒は酒粕使用のものではなく、米と麹から作ったものを選んで下さい。)

材料:8×19.5のパウンド型1本分

(制作時間 生地に約40分、オーブン190℃で40分)

A

  • ドライイチジク 60g
  • ドライチェリー 30g
  • シナモンパウダー 小さじ1/2
  • ラム酒、もしくはブランデー 大さじ1

B

  • 麹甘酒 100g
  • りんご(すりおろし) 100g
  • 生おから 30g
  • なたね油 大さじ4
  • 塩麴 大さじ1

C

  • 中力粉 85g
  • 全粒粉 40g
  • ベーキングパウダー 小さじ1と1/2

ドライフルーツを刻み、ラム酒に30分漬ける

Aのドライフルーツを細かく刻みます。

お好みでレーズンや砕いたクルミなどに換えても大丈夫です。

シナモンパウダー・ラム酒を加えてよく混ぜて30分漬けます。

ドライフルーツにラムの香りを染みこませます。

生地を作る

フルーツを漬けてる間にBの材料を混ぜておきます。

そこに30分経ったAを入れ、

Cをふるいにかけて入れます。

さっくりと混ぜて生地の完成です。

パウンド型に流し入れ、オーブン190℃で40分

生地をパウンド型に流し入れます。

クッキングシートがあればパウンド型の底面に合わせて写真の様に切り、

枠のようにして型にはめます。

焼き上がった後に方から外す時に便利です。

生地を流し入れたら型の底をトントンと台の上に当てて、空気を抜きます。

190℃に温めたオーブンで40分焼き、荒熱が取れたら型から外します。

良い感じに焼きあがりました。

温かいままでもしっとりしておいしいですが、冷蔵庫で冷やすと生地の固さが安定して切り分けやすくなります。

切り分けて完成です。

生地が中心まで焼けてるか不安でしたが、しっかり焼けていました(^^)

卵と乳を使わなくても甘酒のコクがあるので、味の物足りなさは無いですね。

しっとりとした生地にドライフルーツのテクスチャがぴったり合致します。

子供もおいしそうに食べてくれたので一安心です。

こんな感じでちょっとずつお菓子にも挑戦してこうと思います。

ではまた。