HSM

ホットサンドメーカーで調理+盛り付けで洗い物を軽減 、豚の甘酒しょうが焼き

こんばんわ。製麹員です。

今晩のおかず兼酒肴は、以前作った麹甘酒を使って豚のしょうが焼きです。

実は麹甘酒って麹由来のくどくない甘さがすごく優秀で、肉や魚料理にも使い勝手が良いのです。

甘酒自体にとろみもあるので、しょうが焼きのタレもよく絡むので一石二鳥です。

ついでにホットサンドメーカーで作ります。

ホットサンドメーカー自体を盛り付け皿にしてしまって、洗い物も減らしてしまいます(^^)

さっそく作ってみます。

材料:(1人前)

  • 豚ロース肉しょうが焼き用 1枚
  • 麹甘酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 水 大さじ1
  • おろししょうが 10g
  • 小麦粉 適量

豚肉に火を通す

豚肉に小麦粉をまぶして、熱したHSMで中火で両面を焼きます。

脂身とスジに切れ目を入れておくと食べやすくなります。

タレを合わせてからめ焼く

麹甘酒、醤油、水、おろししょうがを混ぜ合わせ、豚肉にからめてさらに焼きます。

フタをすると油ハネが少なくなりますが、焦げないように注意が必要です。

とろみが出たら完成です。

ホットサンドメーカーにそのまま盛り付ける

一口大に切り分けたら、HSMにサニーレタスや刻んだキャベツを敷いてしょうが焼きを戻します。

ほら、これだけでそれっぽく見えません?笑

晩酌!

さっそく晩酌です!今夜はハイボールで乾杯です。

麹甘酒のおかげでタレが本当に優しい味わいになってます。しょうがの辛みもマイルドになってますね。

最近ティーチャーズのアメニティーにグラスが付いてまして、これが安っぽくなく、ロックにもハイボールにも使い勝手のいい絶妙な大きさ。リンク貼りましたが店頭でグラス付きのも見つけたらぜひ試してみて下さい。

まとめ

今回の晩酌をまとめますと…

  1. 麹甘酒はしょうがの辛みをマイルドにしてくれる
  2. 甘酒自体にとろみがあるのでタレがよく絡む
  3. HSMで調理+盛り付けすると洗い物軽減になる
  4. ティーチャーズのオマケグラスは使い勝手が良い

こんなところでしょうか。

では良い夜を。