HSM

HSMでパリパリジューシー 手羽先揚げで晩酌

こんばんわ。製麹員です。

今回は手羽先を皮パリパリに揚げ焼いてサクッと晩酌です。

旨辛なタレで食べたかったので、甘酒の素を使った旨辛ダレも作ってみました。

良かったら合わせて見ていってください。

材料:

  • 手羽先 2枚
  • 片栗粉 大さじ2
  • コチュジャンたれ 適量

(付け合わせ)

  • 刻みキャベツ 適量

コラーゲンが豊富な手羽先

手羽先は鶏肉の部位の中では皮目が多く、そのためコラーゲンの元であるゼラチン質を多く含みます。

皮が多いので脂肪も多く含まれますが、肉の部位はよく動かす部位なので締まった肉質です。

名古屋の手羽先揚げが有名ですが、

油で揚げずとも、皮に脂肪が豊富なので、食材から出る油でパリッと揚げ焼きにすることができます。

手羽先をパリっと焼く

手羽先に片栗粉を満遍なくまぶし、皮目を下にして弱火でサンド焼きします。

焼き色がついたらひっくり返して更にサンド焼き。

サンド焼きで蒸し焼きにして、中まで火を通します。

両面に焼き色がついたら付け合わせのキャベツを敷いて完成です。

HSMを器にして完成

例のごとくHSMをそのまま器にして完成です。

今夜はビールです。

ばっちりパリパリに仕上がってします(^^)

材料も手羽先と片栗粉と付け合わせの野菜だけで簡単にできるので、ぜひ試してみて下さい。

では良い夜を。